新規顧客の開拓にはマーケティングオートメーションが有効!

新規顧客の開拓にはマーケティングオートメーションが有効!

マーケティングオートメーションって何?

マーケティングオートメーションとはマーケティング活動を自動化する仕組み、またはツールのことです。新規顧客を開拓するには見込み顧客の関心や興味・行動を的確に把握して分析し、最適な情報を最適なタイミングで発信することが重要です。そのためには多くの人手が必要になりますが実際はそこまでの余裕がなくて手いっぱいな企業が多いです。そこで開発されたのがマーケティングオートメーション。デジタル化の流れが加速していることもあって取り入れる企業が増えています。

マーケティングオートメーションでできること

まず自社サイトに訪問した人・企業の情報やサイトでどう行動したかの収集および分析ができます。企業名や企業情報、個人名をはじめ閲覧したページなどの情報から見込み顧客の関心や興味がある情報の傾向が予想できます。その後のマーケティング活動の方向性を決めやすくなります。また行動を条件で絞り込むことで、見込み顧客が持つ自社サービスや商品への関心や興味の度合いもわかります。

そして収集・分析した情報をもとにマーケティング活動を行った結果、効果がどれくらいあったかを検証することも可能。閲覧者数や申込者数、コンバージョン率などのデータを収集することで効果を測定することができます。業務の効率化を図ることができるだけでなく、情報を営業部門と共有することで営業活動がスムーズに進むというメリットもあります。

マーケティングオートメーションを取り入れよう

マーケティングオートメーションは見込み顧客を取り逃がさないようにするため有効な仕組みといえます。マーケティング活動をより戦略的に行うためには欠かせないマーケティングオートメーション。ぜひ取り入れましょう。

マーケティングオートメーションは、マーケティングに関わる活動をサポートするツールやソフトウェアを指します。労力と時間がかかる業務を自動化でき、効率よく進められます。